行政書士試験で最も厄介とされる一般知識対策。

行政書士試験独学

行政書士試験傾向と対策

一般知識の対策を練ることは非常に難しいものがあります。

普段から新聞を読んだり、ニュースをみたりして知識を幅広く養うしかありません。

一般知識対策

行政書士試験の試験科目で、受験者が最も苦手とする分野は、「行政書士の業務に関する一般知識」だと思われます。ここでは、一般知識で出題されるかもしれない、巷で話題になった出来事を法律と共に紹介します。また資格試験では、法改正事項がよく出題されますので、改正があった法律も紹介します。

話題度

重要度


利息制限法により金銭消費貸借契約(お金の貸し借り)上の利息は、次の利率により計算した金額を超えるときは超過部分を無効にすると定められています。

しかし、貸金業規制法第43条の「みなし弁済」が認められれば、この利息を上回る部分も有効になります。また、利息制限法には罰則がありませんので、年20%以上で利率を設定している金融業者もたくさんあります。

しかし、法治国家の日本ですので、どんな金利でも許されるわけではありません。「出資法」によって貸金業者は、年2割9分2厘までと制限されていますし、罰則も定められています。5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金またはこれらの併科。

話題度

重要度


食品不正表示のニュースの際に必ず出てくる法律がJAS法です。JAS法は略名であり、正式名称は、農林物質の規格化及び品質表示の適正化に関する法律です。平成18年3月1日にJAS法が改正されました。

話題度

重要度


平成18年5月1日に風営法が改正されました。人身取引の被害者がキャバクラ、料理店等で働かせられていることが多いことから、次のような改正が行われました。

接客従業者の雇用時には、「生年月日、国籍」更に外国人の従業者には、「在留資格、在留期間等」を確認し、確認の記録を作成・保存することとなりました。確認義務を怠った場合は100万円以下の罰金が科せられます。

話題度

重要度


平成18年5月24日に公布された出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律により、入国審査時に個人識別情報を利用したテロ対策が平成19年11月20日より実施されます。入国審査時に、両手人差し指の指紋と顔写真をとることになりました。

行政書士試験対策

行政書士を知る

試験合格後は?

関連情報

copyright2007 行政書士試験独学 all rights reserved