行政書士はなにをやっているの?よくある質問です。そのような人の為に行政書士をわかりやすく解説。

行政書士試験独学

行政書士とは?

行政書士は街の法律家とも呼ばれていますが、行政書士の業務は、行政書士法第1条の2で次のように定められています。

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類、その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする。このような書類の作成でも、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことが出来ない。

官公署には、いろいろとあります。例えば都道府県市町村、税務署、法務局等。おおまかに説明すると、税務署へ提出する書類は税理士法、法務局へ提出する書類は司法書士法において制限されているので、それらの書類は行政書士に作成できないことになります。

具体的な業務

上記のような説明では、全然イメージが掴めないと思いますので、ここからは、行政書士の具体的な業務内容を紹介していきます。

よくある業務!

どこの行政書士事務所でも一般的に取り扱っている業務から紹介します。

行政書士だけができる仕事もありますが、他の資格の人でもできる業務もあります。

あまり知られていない業務

世間ではあまり知られていない行政書士業務です。

法律知識の専門性が必要とされるので、事務所によっては取り扱っていない仕事もあります。

行政書士試験対策

行政書士を知る

試験合格後は?

関連情報

copyright2007 行政書士試験独学 all rights reserved