試験を受ける前に年収は知っておきたいものです。頑張って合格してもこれだけ・・では面白くないですよね。

行政書士試験独学

行政書士の年収

「行政書士なんて資格を取得しても食べてはいけない」このような文章をブログや掲示板でみかけますが実際はどうなのでしょうか?

実際は?

上記の文章は大袈裟すぎます。なかには食べていけない人もいるのかもしれませんが、そんなことはありません。現に多くの人が行政書士を職業として生活しています。

また、年収が少ない魅力がない職業であれば、受験者数も激減しているはずです。

年収はどのくらい?

これも難しい質問です。東京都で毎日多忙な行政書士と田舎でそこそこ多忙な行政書士では当然収入も違います。また、行政書士と税理士、行政書士と社会保険労務士など資格を複数持っている人の場合は、個別に年収がでてきません。

また業務ごとの報酬も自由に決めることができるので、同種同数の仕事をこなしても収入が違います。

報酬は定額?

行政書士の報酬は、昔は書類の枚数で決まっていましたが、現在は完全に撤廃され自由に決定することができます。そのため、価格競争が進み、需要が多い業務の報酬は、 どんどん低くなっています。

行政書士試験対策

行政書士を知る

試験合格後は?

関連情報

copyright2007 行政書士試験独学 all rights reserved