行政書士試験問題

logo

トップ過去問>問36〜40

行政書士試験 問題36〜問題40

問36 株式会社の設立に関し正しいものの組合せは?

  1. 会社の設立に際しては、発起設立または募集設立のいずれの方法による場合も、創立総会を開催しなければならない。
  2. 会社の設立に際して現物出資を行うことができるのは発起人のみであるが、財産引受については、発起人以外の者もその相手方となることができる。
  3. 設立時募集株式の引受人が払込みをせず、当該引受人が失権した場合には、発起人は自らその株式を引き受けなければならない。
  4. 設立時取締役は、その選任の日から会社の設立の登記がなされるまでの期間において、発起人に代わって設立中の会社のすべての業務を行う権限を有する。
  5. 会社の設立手続が行われたにもかかわらず会社が成立しなかったときは、発起人は連帯して会社の設立に関してした行為についてその責任を負い、会社の設立に関して 支出した費用を負担する。
  1. ア・エ
  2. ア・オ
  3. イ・ウ
  4. イ・オ
  5. ウ・エ


解答速報をみる

問37 株式買取請求権に関する記述のうち誤っているものの組合せは?

  1. 単元未満株式を有する者は、投下資本の回収を保証するため、いつでも会社に対して単元未満株式の買取を請求できる。
  2. 議決権制限株式を発行する旨の定款変更決議に反対する株主は、株式買取請求権を行使すること