行政書士試験問題

logo

トップ過去問>問16〜20

行政書士試験 問題31〜問題35

問31 Aがもち米を50キロ買う契約をB米店との間で行い、Bによる引渡しの準備がまだ終わっていない場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

  1. 引渡し場所についてA・B間で決めていなかった場合に、BはAが取りにくるまで待っていればよい。
  2. Bは目的物が特定されるまでの間は、B米店にあるもち米の保管について善管注意義務を負うことはない。
  3. 目的物が特定される前に、隣家の火災によりB米店のもち米がすべて焼失してしまった場合、その焼失はBの責任ではないので、Bは他からもち米を再調達して引き渡す義務はない。
  4. A・B間で取り決めがなければ、Bは上等なもち米を50キロ引き渡さなければならない。
  5. もち米50キロの所有権は、目的物が特定される前でも、特約がなければA・B間の売買契約をした時に移転する。


解答速報をみる

問32 直接強制の方法によって債務者の債務の強制的実現を図ることができるものはいくつ?

  1. 銀行から500万円を借り入れた企業が、返済の期限が到来したにもかかわらず、返済をしない事例
  2. 画家が、顧客との間で顧客の似顔絵を描く契約を結んだにもかかわらず、似顔絵を描こうとしない事例
  3. カラオケボックスの経営者と周辺住民との間で騒音をめぐって紛争が起こり、夜12時から朝10時まではカラオケボックスの営業をしないとの合意が両者の間で成立したにもかかわらず、 夜12時を過ぎてもカラオケボックスが営業を続けている事例
  4. ある者の名誉を毀損する記事を雑誌に掲載した出版社が、名誉毀損を理由として、謝罪広告の掲載を命じる確定判決を受けたにもかかわらず、謝罪広告の掲載をしない事例
  5. 建物の賃貸借契約が終了し、賃借人が建物を明け渡さなければならないにもかかわらず、賃借人が建物を占有し続けている事例

解答速報をみる

問33 AはBから中古車を購入する交渉を進めていたが、購入条件についてほぼ折り合いがついたので、Bに対して書面を郵送して購入の申込みの意思表示を行った。 Aはその際、承諾の意思表示について「8月末日まで」と期間を定めて申し入れていたが、その後、契約の成否について疑問が生じ、知り合いの法律家Cに相談を持